トロフィーとは成績優秀者に授与されるもの

成績が優秀でほめられるということは、人生ではそうはないものです。何かの大会で優勝したり、テストなどでよい点を取るということになるでしょうか。会社などであれば、営業成績がトップであったり、優秀な開発などをした場合にほめられるということがあります。会社においては、表彰制度を設けていることがあります。そういったときには、単に表彰されるだけでなくて、いろいろなものがもらえるということがあります。一番うれしいものとしては、お金ということになるでしょう。通常のボーナスとは別にもらうことができることになります。そのほか、賞品などがもらえるということもあります。それがステイタスになるということで、多くの人が目指すということです。もらうときにお金は非常にうれしいです。

でも財布の中に入ってしまったら、それっきりということになります。つまりは、そのことについて忘れてしまうということです。心機一転でがんばろうという場合もありますが、将来、あまりやる気が起こらないときなどには、かつてのがんばりの証明みたいなものがあると違ってきます。今は調子が悪いが、かつてはよかったときもあったということです。それを思い出して、またがんばる気力が出てくるということがあります。また、人がもらっているのを見て、うらやましいと思うことがあります。うらやましいという気持ちがあれば、次は自分がとるようにがんばれるということです。お金以外に形になるものがあるとよいのです。そういったときによいものとしてトロフィーがあります。相撲選手などが優勝したときに、かなり大きなものをもらっている様子がありました。そのほか、ゴルフの選手などが優勝したときにも大きなものをもらっているということがあります。このとき、形が気になるところです。一般的には、縦長のものを思い出します。

でも、それ以外にもカップのような形をしているものもあれば、楯であったり、ブロンズ像のようなものもあります。基本的には、同じ役割をするということになります。それぞれの大会などで伝統的なものが用意されているということになります。こちらにおいては、永久品として個人に授与される場合もあれば、次の表彰者が出るまで一時的にもらうというものもあります。歴代の表彰者の名前などが入っていますから、余計に重みを感じるものです。こういった場合にも、一度取ったら、もう一度取りたいという思いを出させてくれるものになります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*