ジョイントマットはいろいろな使い方ができます

工務センターや日用品販売店などでは、ジョイントマットを見かけた人も多いと思います。これは周囲がギザギザした四角形の小さな形が多く、それぞれのギザギザ部分を連結させることで繋がり、大きさも自由に変えられます。単体よりも数個繋げることで自由にスペースを広げていけるので、床に敷き詰めてマットの役割にできる商品です。表面も弾力性のあるものにしたり、繋げることで色味やデザインを工夫品して楽しんだりもできるので、手作り感も味わいながら便利に使えて利用している方も多いです。特に、小さなお子さんを持っているご家庭ではこのジョイントマットが活躍するシーンは多いです。床に敷き詰めると子供が転んでも怪我をしないような遊び場にもなりますし、子供の遊び道具でフローリングを傷つけることから、マットが守ってくれます。ジョイントマットはとても手軽に役立ちますので、一式持っていると便利です。

ジョイントマットは手軽に扱えて部屋の雰囲気を変えます

ジョイントマットは様々な種類があります。大きさもいろいろありますし、デザインや色も選べます。敷き詰めて床の色味を変えると、部屋の雰囲気も変わりますので、お手軽に部屋の模様替えにも使えます。木目調などもありますので、これだとフローリング感覚が味わえます。床面の広さを測って、ジョイントマットを何個繋げれば置きたい部屋のスペースに敷くことができるのかを考えて、必要な個数を買うのが、床にひく場合の無駄のない買い方です。軽い素材でできている物が多く、老若男女を問わずに簡単に扱えるので、需要も多いです。またコーティングされている物だと床にひくことで掃除もしやすくなったり、素足で過ごしても足の裏のフィット感が心地よく過ごせたりもします。床に限らず、棚や机などの小さなスペースにおいて、敷物として利用することもできます。

ジョイントマットは工夫次第で様々なシーンに使えます

ジョイントマットは軽くて、適度な強度もあり、工夫すれば自在に形を変えられるので扱いやすいのが便利です。大きさも様々ですので、使いたい場所に適した大きさを選びましょう。お値段もリーズナブルですので、使用していて汚れたり傷ついてきたら、その箇所だけ外して、また新たに買い足して交換することも簡単にできます。パーツをつなげていくだけで大きさが調整できるので便利ですが、つなぎ目のギザギザが気になってしまい、どうしても子供っぽい雰囲気になってしまうこともあります。なるべくオシャレに見せる簡単な方法としては、1種類の単色のジョイントマットを敷くことです。これだとつなぎはあまり気にならなくなりますので、部屋のインテリアを損なうこともないようです。工夫次第で、いろいろ使えるマットなのです。

格闘技やフィットネス等全国のスポーツジムのご紹介ページもございます。 お得なセール情報や新商品の情報をメールでお送りしていますので、ぜひメールマガジンにご登録ください! 多くのメディアで弊社の商品をご紹介いただいています。 デザインにこだわり、デザインチームが制作しているカジュアルウエアも充実! 直営店舗は関西を中心に関東にも進出しているので、全国に順次拡大中です。 ジョイントマットをお探しの方へ【BODYMAKER】