学生のころの大会でもらった数々のトロフィー

学生のころ、部活で全国大会の予選にいき、トロフィーをもらったことがあります。エアライフルをやっていて、今で言う射撃部でした。わたしは成績がよく、よく賞状とかもいただきました。今ではほとんどとっておいていないのが残念で、そのころの成績はみな記憶に頼るしかありません。確か、一年生のころから先輩と肩をならべるくらいで、二年生になったら、関東大会にもでたし、地域の新聞でしたが、新聞にものりました。全国大会にはでられませんでしたが、いつもいいところまでいった記憶があります。トロフィーも今はどこかにまぎれてしまって、(失くしてしまって)もうどんなデザインだったかすら覚えていません。


あのころは順風満帆で、勉強も部活もみなうまくいっていたものですが、今は子供にふりまわされ、なんだか青春時代ってよかったなあとしみじみ思ったりします。自分の好きなことにうちこめて、自分のことだけを考え、将来は明るかった気がします。今が不幸なわけではありませんが、青春時代はよかったなと良く思います。部活に関しては、賞状が多すぎて、処分してしまったものもいくつかあったように思います。ひとつ上の先輩にまた強い人がいて、部室はもらった賞状であふれていました。トロフィーはそんなに数多くありませんでしたが、それでもいくつかは飾ってあった記憶があります。その先輩も、今は疎遠になり、どうしているのかすらわからなくなってしまって、少し悲しいです。昔は死ぬほど一緒にいたものなのに、連絡場所すらわからなくなって、同窓会もないし、ちょっぴり寂しいです。同じ部活だった同級生とは今でも年賀状のやりとりくらいはしていますが、それでも、最後にあったのは十年くらい前じゃないでしょうか。彼女もビームライフルがうまくて、何度か大会にでて、トロフィーをもらっていました。


私の学年は女子のほうが強く、鳥取や山梨まで、試合ででかけていました。男子も悪くはなかったですが、ぱっとした成績があまり思い出せません。女子はとにかく強かった、そんな思い出があります。みんなどうしてるかなあなんてたまに思いますが、自分が幹事で同期会をやるきにもなれず、懐かしさだけが残っています。記憶の中ではみんなまだ高校生で、若くて、子供なんてまだいないころのイメージしかありませんが、もういいお父さん、お母さんになっていることでしょう。エアライフルももう一度やってみたい気もしますが、もう腕が落ちてぼろぼろのことでしょう。

スポーツから文化系イベント、メダルからトロフィー、表彰盾等の多種多様なグッズが揃います。スポーツ選手の育成には、「褒めて伸ばす」要素も非常に重要。ジュニアのスポーツ選手の育て方についてはこちら。未来のプロスポーツ選手に、輝かしい栄光を!トロフィー、メダル、表彰関係はこちら。スポーツに合わせてリアルなキット付きシリーズも多数用意!トロフィーを贈りませんか?